【チタンの入れ歯】

【歯科チタンプレートの入れ歯】

生体適合材料「チタン」の金属のプレート〔床〕で作られています。

入れ歯は、①人工の歯と②歯肉の部分と③入れ歯を固定維持の部分と、それらすべてを力学的に受けて支える④プレート「床の部分」から成り立ち、その①人工歯、②歯肉部、③維持部、④床は、それぞれの働きに応じた材料で作られています。

その➃床の中でも、人から見えないようにして、金属でできていることを「金属床」(メタルプレート)と言います。これらの金属には、金(Au)や白金(Pt)などの高価なメタルプレート義歯もあります。

金属ですので、薄くてしなやかで元の形に戻り丈夫です。また熱の伝わりも早く、『日本食を、触れて、感じる』には最適です。何よりも、チタンは人体に最も適合し安全な医療素材材料の一つです。






"【チタンの入れ歯】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント